ベトナム進出したい企業が増えて仲介役をする業者も存在しています

地球

ベトナムの地域別の日本企業の特徴

握手

1990年代、日本企業がベトナムに進出したのは、南方ベトナムのホーチミンのその近くの工業団地でした。ホーチミンは、ベトナム経済で初めて発展した都市です。南ベトナム時代から経済が既に発展していて、南北が統一されると外国の企業が進出しましたが、日本は、ホーチミン市内の工業団地には、進出せず近郊のドンナイ省などでした。インフラ整備が整っており、他の東南アジア諸国とも近いためと、物流の価格が安価であるためでした。また、大型船が入港できます。
現在ではインフラが整っていれば、エコノミックニーズテストが不要となったので、安価な労働力事情もあり、小売店が進出してきました。しかし、ベトナム政府は、部分より全体の発展を試み政府主導で企業を誘致しました。北方ベトナムのハイフォン港は、河川港なので大型船が入港できませんが、工業やハイテク製品会社、それらにサービスをする投資会社を誘致するため、ハイフォンを国が指定する経済特区、輸出加工区にし、日本企業はタイヤや複合機製造の会社などが進出し、ハノイ近郊の工業団地には、車、バイク、最近では、電子メーカーが進出しています。これらは、中国華南地区からや、大企業が進出した物です。
中部ベトナムは北や南ベトナムより数は少ないがダナンとその近くに多く集まりました。それらは、ベトナム北、南にすでに進出している実績が豊富な会社で、新たな労働力の確保と自社の拡散のため進出しました。

Choices

ベトナムの地域別の日本企業の特徴

握手

1990年代、日本企業がベトナムに進出したのは、南方ベトナムのホーチミンのその近くの工業団地でした。ホーチミンは、ベトナム経済で初めて発展した都市です。南ベトナム時代から経済が既に発展していて、南北が統一されると外国の企業が進出しましたが、日本は、ホーチミン市内の工業団地には、進出せず近郊のド…

»Read

ベトナム人気質を知る事が事業成功に導く

気合いの入った男性

成長の著しいベトナムに進出する企業は多いです。しかし、そこには日本と違い苦労する点もあるようです。それは人間関係の構築です。日本でももちろん人間関係の大変さは皆が体験していますが、ベトナムにもあります。そこで彼らについて理解するために知っておきたい事を見ていく事にしましょう。ベトナム人…

»Read

介護業界のベトナム進出も予想されている

スーツ

日本の中でも、今急成長しているのが介護業界です。けれども、これからますます高齢化社会が進むに当たり、日本では介護業界での人手が足りなくなっています。その中で活躍しているのが東南アジアを中心とした国から来た、外国人労働者です。彼らは出稼ぎだけでなく、自国へ日本の介護分野での知識や技術を持ち帰ると…

»Read