ベトナム進出したい企業が増えて仲介役をする業者も存在しています

地球

Recent Entry

仕事中の女性

日本企業がベトナム進出するメリットとは

全体的に人件費が安いとされるASEAN各国の中でも、特にベトナムは多くの外資系企業から注目を集めています。日本企業がベトナムに進出するメリットには様々なものが存在しますが、今回は三点を挙げて説明したいと思います。一つ目に外資を受け入れる国の政策が行われている点です。ベトナムは2007年にWTOに加盟を果たして以降、貿易の自由化が積極的に進められています。それに伴い…

飲食業界のベトナムへの進出も増えている

東南アジアの中でも、経済成長の発展率が高く、今色々な国から企業が進出している国がベトナムです。日本からも、既に色々な企業がベトナムへ進出していて、現地で活躍する日本人がたくさんいます。
また、今後も多くの日本の企業や事業者がベトナムへ進出する事が期待されていますが、その中でも近年特にベトナムへの進出率が高い日本の事業者が、飲食関連企業です。日本食は、世界の中でも人気の高い物となっています。回転ずしの普及から、日本の寿司を手軽に海外でも味わう事ができるようになりました。その為、今ベトナムの富裕層の中でも日本食のニーズが高まっているのです。
そして、日本食のレストランは、ベトナムで働く日本人からも人気となっています。数多くの日本企業が既に進出していて、現地にも多くの日本人が働いているので、日本食を食べたいと考えている日本人も多いです。より現地の日本人のニーズに応えられるように、現地に駐在が可能な日本人スタッフを雇って、ベトナムに飲食店をオープンさせる日本の企業もあります。また、のりなどの乾物から、お米など日本の食材を取り扱っている日系スーパーの進出も今後は期待されています。現地のレストランや、日本人からのニーズが高いからです。

ベトナム進出で飲食業をするならどこがいい?

ベトナムで事業進出を企んでいる人は多いですが、中には飲食業をしたい人もいますね。でも、飲食店をするにも場所選びは重要です。ここでは飲食業でベトナム進出する時にハノイとホーチミンのどちらがいいのか解説していきます。
ハノイとホーチミンどちらがいいのか。ベトナムで飲食店を開きたいなら集客がしやすいように都市部を考えた方がいいでしょう。そこでやはりハノイとホーチミンが挙げられます。どちらも同じベトナムではありますが、それぞれに個性が違います。お店の経営方針に合わせてどちらにするか決めるべきです。まず、ハノイはベトナム政治の中心と言われています。たくさんの政治施設があります。
また日本のように四季もあり、天候や気温の変化がある事も飲食店を開くうえでは外せないポイントでしょう。ホーチミンの場合は商業都市として発展してきました。ですから、新しい物への好奇心が高くて、ベトナムの流行はホーチミンから生まれるとも言われます。これらはほんの一例です。都市によりそれぞれに個性がありますから、ベトナム進出する上ではその個性は外せないポイントになるでしょう。ですから、その都市の下調べをしっかりとしておく事も大事になります。ベトナム進出する上で大事な事ですから、十分考慮しておきましょう。

ベトナムに進出する日本企業の特徴

日本のベトナム進出が加速していますが、以前はどちらかというと商社や大手企業のみが進出している傾向にありましたが、今では中小規模の会社もベトナムに進出するようになってきました。ではどのような業種の会社がベトナムに進出しているのでしょうか。それは自動車関係の大手や電子機器メーカーが工場を建設するというケースが相次いでいましたが、最近は小売業も活発になっています。
またこれから進歩が期待されているIT企業のベトナム進出も増えてきています。全体的な割合からすると、製造業が半分近くを占めているということですので、ベトナムで物を作ることがいかに効率的かということを示すものとなっています。さらにそれだけではなく、近年はかつてないほどの和食ブームでもあり、飲食店がどんどんベトナムに進出しています。
ハノイそしてホーチミンいう2大都市に集中していますが、和食レストランがとても人気になっており、すでに500前後の店舗がベトナムにはあるといわれています。このように時代の流れはベトナムに熱い視線を送るようになっており、企業が進出できるだけの環境が整ってきていることが、経営者の決断を速めています。ベトナムに進出する企業は1400社以上と言われていますが、これがやがて2000社とかそれ以上になっていく可能性があります。

Choices

ベトナムの地域別の日本企業の特徴

握手

1990年代、日本企業がベトナムに進出したのは、南方ベトナムのホーチミンのその近くの工業団地でした。ホーチミンは、ベトナム経済で初めて発展した都市です。南ベトナム時代から経済が既に発展していて、南北が統一されると外国の企業が進出しましたが、日本は、ホーチミン市内の工業団地には、進出せず近郊のド…

»Read

ベトナム人気質を知る事が事業成功に導く

気合いの入った男性

成長の著しいベトナムに進出する企業は多いです。しかし、そこには日本と違い苦労する点もあるようです。それは人間関係の構築です。日本でももちろん人間関係の大変さは皆が体験していますが、ベトナムにもあります。そこで彼らについて理解するために知っておきたい事を見ていく事にしましょう。ベトナム人…

»Read

介護業界のベトナム進出も予想されている

スーツ

日本の中でも、今急成長しているのが介護業界です。けれども、これからますます高齢化社会が進むに当たり、日本では介護業界での人手が足りなくなっています。その中で活躍しているのが東南アジアを中心とした国から来た、外国人労働者です。彼らは出稼ぎだけでなく、自国へ日本の介護分野での知識や技術を持ち帰ると…

»Read